正しいドライヤーの使い方♫/メンズ眉毛サロン スタッフコラム

こんにちは、Amon六本木店太田です(*^_^*)

前回は正しいシャンプーについてお話ししましたが、きちんとシャンプーしても乾かし方を間違えると台無しに‥

ということで今回は正しいドライヤーの使い方についてご紹介していきますo(^_^)o

 

そもそもドライヤーを使わない方もいらっしゃると思います。特に男性で短髪の方はタオルドライのみという方も少なくないですよね。

ドライヤーの熱によるダメージがないので一見髪に優しいように思えるかも知れませんが実はNG行為なんです😭

 

まず頭皮や髪が濡れていると菌やカビを増殖させます。雑菌による髪へのダメージ、そして頭皮のトラブルやニオイの原因にもなります

 

また髪は濡れたままだとキューティクルという髪の毛の一番外側の部分が開いたままの状態になります。🔓

 

キューティクルが開いたまま、他の髪の毛や枕などと摩擦を起こすとキューティクルが剥がれおち、水分がなくなってパサパサな髪になってしまいます。

キューティクルはドライヤーで熱を当てると閉じることが出来ます🍃

なのでドライヤーは有効に使いましょう!

 

正しいドライヤーの使い方

✔ドライヤーを当てる前にまずタオルでしっかり水分を拭き取る💧

ゴシゴシこするのではなく、タオルで押さえて水分を拭き取ります。

✔髪を手ぐしでとかし、かき分け頭皮にドライヤーの風をあてる🍃

ドライヤーと頭皮の距離は20cmくらいで保ち、ドライヤーを揺らしながら同じところに長い間当てないようにしましょう。

✔キューティクルは根元から毛先に向かって繋がっているのでドライヤーの風も根元から毛先に沿わせてあてる。

✔全体的に乾いたら、最後に冷風をあててキューティクルを引き締める。

✔そのあとブラシで梳かして終わり!

髪が濡れた状態でブラシを使うとダメージの原因になるので乾いてからブラシを使いましょう!💇

 

以上正しいドライヤーの使い方でした!前回のシャンプーの仕方とともに見直してみてくださいね🎵

 

 

 

同じカテゴリーの関連記事

新着記事

住所 〒106-0032
東京都港区六本木4-1-19サンケンビル5F
マップを開く
アクセス 都営大江戸線六本木駅 6番出口(俳優座劇場前)から徒歩2分
TEL 03-6804-6136(予約・求人専用)
※セールス目的のお電話はご遠慮願います
営業時間 平日 13:00~22:00
土日祝 10:00~19:00
定休日 年中無休
ご予約はこちら
施術MENU

Amon(アモン)の由来
「時代の流れの川上」

私たちは時代を先取りしたものを提案します

それはスタート地点であり続けるという意味でもあります

時代はAmonから創られる

住所 〒106-0032
東京都港区六本木4-1-19サンケンビル5F
マップを開く
アクセス 都営大江戸線六本木駅 6番出口(俳優座劇場前)から徒歩2分
TEL 03-6804-6136(予約・求人専用)
※セールス目的のお電話はご遠慮願います
営業時間 平日 13:00~22:00
土日祝 10:00~19:00
定休日 年中無休